×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

離婚届の書き方、慰謝料、子供の養育、調停の手続きなどの問題に全国対応の離婚相談サイト
 
 離婚問題解決ドットコム
ご相談はこちらから気軽にお問い合せ下さい。

離婚の概要と原因

 離婚の現状

 離婚を考える前に

 離婚原因とは

 暴力と離婚

 不倫と離婚

 内縁・婚約と別居

 離婚したくないときは

離婚にまつわる問題

 離婚を決意したら

 離婚と財産分与

 離婚と慰謝料

 離婚と親権・監護権

 離婚と子供の養育費

離婚の種類

 協議離婚

 調停・審判離婚

 裁判離婚

離婚の手続き

 離婚届の書き方・手続

 離婚協議書

 離婚と子供の戸籍

 離婚と年金分割

 離婚した後は


離婚問題Q&A
離婚問題ご依頼・ご相談
離婚問題相談の流れ
事務所概要
ご利用規約・免責事項
リンク

ご相談者の声
離婚の概要と原因


離婚を考える前に 〜離婚を迷う方の道しるべ〜

離婚には勇気と努力、精神力が必要です。
くれぐれも安易に離婚に走ることがないようにしましょう。


 結婚は人生における一大イベントとして、その後の生活も責任や苦労をともなうものですが、離婚するとなると結婚よりもさらに多大な勇気とエネルギーを要します。何しろ相互にこじれた感情をぶつけ合ったりするものですから精神的にも多大な負担をしいられます。自分たちだけの問題ではなく、お子さんがいればその養育や将来のことを考えなければなりませんし、お世話になった方、親類等への配慮をしつつ、そして世間の好奇の目にもたえうる精神力が必要となります。安易な離婚を考える前に、結婚したときの純粋な気持ちをもう一度思い起こしてみることも大切です。そもそも人間はそれぞれ個性も育った環境も人の数だけ存在し、夫婦といえども完全に性格が一致するわけではありません。それぞれの個性を理解し助け合いながら生きていくことが求められます。


離婚のためのチェックリスト

  離婚についての相手の同意または離婚原因の証拠は得られていますか?


  
離婚後の住まいと資金は万全ですか?


  
(お子さんがいる場合)親権の合意と養育態勢は整っていますか?


  離婚をすること以外にやり直す方法がないか、十分に考えましたか?


  
ひとりで生きぬくだけの心構えはできていますか?




原因別対処法


 不倫 「疑わしい」だけではかえって険悪になるおそれがあります。行動を把握しようとしたり干渉しすぎることも相手にとって不愉快で重荷に感じることとなります。信じることも大切なので明らかに不審と思われる状況になるまでは、あえて放っておくことも有効です。むしろ居心地のよい家庭の雰囲気をつくることが先決です。早い時期に非難したりするのは逆効果といえます。


 金銭感覚 多少の価値観の相違はどの夫婦や家族にもあるものです。借金をしても本人の責任でしっかり働いて返済していける範囲であれば、ある程度は認めてあげる寛容さも必要でしょう。危険性を感じたら、相手しだいでそれとなく本人に自覚を促すなどのいわゆる「操縦」も必要です。 暴力(DV) 「愛のムチ」という言葉がありましたが、暴力は犯罪です。心身に異常をきたしたり生活に支障が出る場合には早急に警察等に相談して身の安全をはかることが第一です。そうでない場合にも日常化して改善の見込みがないようなら最寄の専門家や相談センターに指示を仰ぎましょう。




離婚にあたっての対策は万全ですか?

金銭面

 まず、今後の生活設計ですが、たとえば専業主婦であった場合など必ずしも思うように財産分与や慰謝料の金額を期待できませんし、それに依存することなく少なくともパートタイマーとして働くなど勤務先を確保して経済力をつけておきましょう。また、相手方に不穏な気配を感じたら自分のお金、通帳、印鑑などしっかりと管理するようにして、くれぐれも持ち逃げされないように注意しましょう。調停や審判による場合には、併せて財産処分禁止の仮処分を申し立てることもできます。


生活面

 生活の本拠としての住まいを考えておかなければなりません。現在の住まいをどちらが引き継ぐかということは離婚の際に話し合いで決めることになります。場合によっては売却して金銭で分けるということも考えられますが、資産価値や税金の関係でもあまり得策とはいえません。あらたにアパート等を借りる場合の受け入れ先と必要資金、そして保証人の手配が必要になります。それから実家等で受け入れてくれる場合もあると思いますが、特にお子様を伴っている場合など家族への負担を考えても次の生活への一時的なステップとわきまえましょう。


手続面

 離婚はあくまでも当事者の合意があれば、その理由を問わずに離婚届を提出すれば成立します。ただ実際には話し合いも必ずしもすんなりとはいかず、財産分与や慰謝料、子の親権などの問題も合わせて考えると話し合いにも十分な対策を講じておく必要があります。そしてもつれた場合には家庭裁判所へ調停を申し立てます。それでも決着がつかず、費用や時間を問題にしない、とにかく争うという姿勢がおありでしたら弁護士へ事件を依頼することになります。



離婚のメリット・デメリット

 思い切って離婚に踏み切ることも、思いとどまることもどちらも勇気が必要です。何もかも耐える必要はありませんが、一時の感情やわがまま・勢いにまかせて安易に離婚に走ることも考えものです。まずは冷静になり気持ちを整理したうえで、適切な決断をくだせる状況づくりが大切です。以下に離婚のメリット、デメリットを列記してみました。これらの事柄を踏まえて慎重に今後のことをお考えになってください。


メリット


 争いごとや暴力など、圧力からの開放

 自由な身分で再出発できる

 相性の悪い姻族と親族関係を解消できる

 財産の清算・独立


デメリット


 離婚という精神的なストレス

 孤独感や将来への不安感

 子供にとっては片親になってしまう

 改姓する場合それに伴う偏見

 住宅や生活必需品を双方で分ける形になる





離婚問題解決ドットコムHOME | 事務所概要 | 特定商取引法による記載 | 利用規約・免責事項 | リンク

  Copyright (C) 2007 office-ishii. All Rights Reserved.